エアパス工法

  • 「この家、エアコン1台だけですか??」

    大きな吹抜け、大開口の窓。

    四季の住まいで建てた家には、ダイナミックな空間の家が多くありますが、冷暖房器具の台数は必要最小限です。

    当社が採用しているエアパス工法は、高断熱住宅にパッシブデザインの要素を加えた省エネ工法です。

  • 夏は涼しく冬は暖かく衣替えのできる家

    エアパス工法は自然エネルギーを有効活用できる工法です。

    壁の中に二重の通気層をつくり、一定の空気の流れを造りだします。家中どの面からも熱吸収できる仕組みです。

    住む方が暑いと感じれば、夏モードに切り替え、寒いと感じれば冬モードに切り替えられます。切り替えは、手動で簡単に出来ます。住む方の感じ方もそれぞれですから、各ご家庭ごとに自由に調整ができ、いつも構造材が乾燥状態で維持できることが快適性と耐久性を上げる最大のメリットです。

 

   <エアパス工法空気の流れ>

 

  エアパス夏モード - from YouTube-セグメント 1

モード(自然な涼しさ)

床下換気口より冷風を取り入れます。
自然の涼しさ通気層と内壁空洞内に発生する上昇気流にのせて熱気を小屋換気口より排出します。
自然の涼しさ熱気とともに湿気を放出し、カラッとした住み心地をつくります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

エアパス冬モード - from YouTube-セグメント 1

 

モード(陽だまりの暖かさ)

太陽熱が屋根・壁体内の通気層の空気を暖めます。
自然の暖かさ内壁空洞の空気が循環して、住まい全体に暖かさを運びます。
自然の暖かさにより流れる空気が湿気を抑えて、結露を防ぎます。

 

 

 

 

 

 

 

 

  • 住まいの大敵湿気や結露を防ぎます

    kiso2エアパス工法の家は、家全体に空気を循環させているので、住まいの大敵である湿気を抑えて結露を防ぐ効果があります。床下にも風が流れるので、シロアリやイエダニ、木材・土台を腐らせる腐朽菌の発生を防ぎ、家を長持ちさせてくれます。

    また床下や外壁だけではなく室内の壁(間仕切り)にも風の通り道を設けることができるので、布団をしまう押入の結露も防ぐことが可能です。

 

エアパス工法以外の湿気対策として、床下はベタ基礎で地面からの湿気を防いでいます。

  • また、防蟻処理として【ホウ酸塩※】を土台・大引・根太などへ塗布しシロアリが生息できない環境をつくっています。

※ホウ酸塩は人や犬猫には無害(腎臓の働きで体外へ排出できる)であり、シロアリには有害(腎臓が無いため体外へ排出できない)です。また、不揮発性で取扱いが簡単であり、人体や環境に対する影響もない素材です。

  • あえて機械設備を使いません

  • eapasu3多少なりとも日々のコストや故障のリスクがある機械設備を日々の生活では見えない構造内部には使わない方が良いという考えのもと、エアパス工法には一切機械設備を使用していません

     

    外壁内部は、温度差だけで空気が循環していくように細かく胴縁を設け、内部はスムーズに抜けるようシンプルにしています。日当たりや風通しなどの立地条件や間取りはお客様ごとに異なりますので、現場が始まる際には、担当監督が1件1件最適な通気ができるようプランニング、指示しています。

     

    また、床下と小屋裏の換気口についても、住まう地域や間取り、ご家族の好みで自由にできるよう手動にしています。
  • 住んでからも安心

  • 施工時には、社内で検査を行い、お引渡後の定期点検でも点検を行っています。
    建てたあとは、安心して住んでいただきたい。そんな家をつくるのが私たちの仕事です。