【17号 庭情報】フォーカルポイントのあるお庭

フォーカルポイントとは「視点が集まる場所、焦点」のこと。

お庭のデザインを考える時、フォーカルポイント(焦点) をつくることで、お庭全体の雰囲気が引き締まります。

視線を集めたい場所、引き締めたい場所ならどこでも、フォーカルポイントにすることができます。

「一番眺めの良い場所を強調したい」、「玄関周りにアクセサリーを入れて個性を際立たせたい」、

「見せたくないものから視線を逸らすためのスポットを設けたい」など、

目的によってフォーカルポイントの場所が決まります。

 

フォーカルポイントになるもの

・デザイン性の高い彫像や置物

・テーブルやベンチ

・立水栓や噴水、バードバス

・ガーデンライト

・大きな鉢

・表札やウェルカムボード

・樹木や草花

 

17号 庭 (2)17号 庭 (1)

 

フォーカルポイントは、家や庭の雰囲気をより演出し、個性的にしてくれる大事な要素なので、

素材や形、色など、イメージにあったものを選ぶことが大切です。

 

このようなフォーカルポイントをつくって、みんなの視線を集めるお庭にしませんか。

 


 

四季スマ通信は、四季の住まいで家を建てて頂いたオーナー様や、設計打合せ中のお客様に年4回お送りしている広報誌です。

住まいのお手入れ情報や、リフォームやお庭の情報、地元のお勧めスポットの紹介などを載せています。

記事についてのお問い合わせは、四季の住まい企画室までお願いします。(TEL027-328-6544 Mail shikinosumai@daigo-shiki.jp)