【18号 四季の住まいの取り組み】古紙回収

古紙回収について

【ゴミ】の減量の理由の一つに・・・

 

【ゴミ減量】をする理由は沢山ありますが、そのうちの一つに【最終処分場を長く使う】があります。

【ゴミ】は各家庭から清掃工場へ搬入後、処理され最終処分場へ。

最終処分場に搬入される多くは、焼却灰です。

その最終処分場の許容量にも限りがあり、新設ともなればその費用には何十億という税金が使われます。

こうしたことから【ゴミ】として出す前に分別し、ゴミにしないことが大切になります。

 

そこで、ゴミにしてしまいやすい「紙(古紙)」分別をしやすくする方法として、

普段お使いのゴミ箱の脇に【紙袋(買い物でもらったもの)】を置いてみませんか?

何かと溜まりやすい紙袋の再利用にもなりますし、ゴミ箱に捨てる前に「紙(古紙)」無理なく分別する事が可能です。

四季の住まいでは、事務所内に大きなダンボールが置いてあり、両面使い切った紙をそこに集めます。

集まった古紙は、古紙リサイクル業者さんへ持ち込みます。

 

小さな工夫で大きな効果が期待できる、そんな取り組みを始めてみませんか?

 

 

18号 ゴミ

 

 


四季スマ通信は、四季の住まいで家を建てて頂いたオーナー様や、設計打合せ中のお客様に年4回お送りしている広報誌です。

住まいのお手入れ情報や、リフォームやお庭の情報、地元のお勧めスポットの紹介などを載せています。

記事についてのお問い合わせは、四季の住まい企画室までお願いします。(TEL027-328-6544 Mail shikinosumai@daigo-shiki.jp)