【19号 お出掛けスポット】渓流散策・奥利根湯けむり街道

たまには車からおりて、渓流沿いを散策するのはいかがでしょうか?

汗をかいた後の温泉も楽しめる、絶景ポイントをご紹介します!

 

<紅葉狩り>

19号 スポット (1) 19号 スポット (3)

 

◎水上町奥利根水源の森

片品村から水上町を結ぶ通称「奥利根ゆけむり街道」(県道63号)。

鳩待峠への分岐から坤六峠や奥利根水源の森の一帯に、ブナの原生林が広がります。

水上町から片品村へ、片品村から水上町へ抜けるルートのどちらの経路でも紅葉を楽しめます。

 

 

 

19号 スポット (2)

 

◎輝葉峡

利根川の支流の樽保川沿いに位置し、11の小滝と清流の紅葉が素晴らしい所です。

「ブナの金茶色」

紅葉見頃は10月10日前後で、上旬から中旬頃です。

紅葉情報で紅葉の見頃を調べてください。

紅葉シーズンの土日は行楽客で大変にぎわう為、道路は混雑します。

路上に車を止めるのは厳しく、落ち着いて見られないと可能性が高いため、平日をお薦めします。

特に水源の森から照葉峡の道路は狭いです。

標高により色づきに違いがあるのでご注意ください。

 

写真提供 武藤弘

 

 

 

 

 

<おすすめの温泉>

 

19号 スポット (4)

 

◎湯の小屋温泉

落人伝説が点在する藤原の中で最も奥にあり、原生林が茂ります。

野生動植物の宝庫でひなびた湯治場のムードを現在に残し、別名「藤原美人の郷」「美人の湯」としても人気が高い無色透明の単純泉です。

「洞元荘」はタヌキのお宿としても有名で、毎夜獲付けしたタヌキや、キツネが出没します。

 

 

 

 

19号 スポット (5)

 

◎宝川温泉 

大正時代に湯治場として作られました。

宝川温泉の名は、一級河川「宝川」に由来します。

文字通り宝のとれる川の意味で、昭和の初めまで銅山として採掘が行なわれていました

無色透明、微香の弱アルカリ性単純泉です。

「汪泉閣(オウセンカク)」は、4ヶ所ある露店風呂の総面積が470畳を誇ります。

 

 

 


 

四季スマ通信は、四季の住まいで家を建てて頂いたオーナー様や、設計打合せ中のお客様に年4回お送りしている広報誌です。
住まいのお手入れ情報や、リフォームやお庭の情報、地元のお勧めスポットの紹介などを載せています。
記事についてのお問い合わせは、四季の住まい企画室までお願いします。(TEL027-328-6544 Mail shikinosumai@daigo-shiki.jp)