【23号 住まいの工夫・情報】メンテナンス情報~浴室のお手入れ編~

水垢、湯垢、石鹸カスなど、浴室は最も汚れやすい場所です。

汚れにより、掃除のやり方等が違うため、代用的な汚れの落とし方を紹介します。

 

1.ザラザラ、ヌメヌメする汚れ 「水垢、湯垢」

こびり付いた汚れは浴室用中世洗剤で擦り、頑固な汚れは浴室用クリームクレンザーで落とします。

(擦りすぎによる傷に注意しましょう。)

オレンジの皮を利用する汚れ落としもあります。

冬場はお風呂に柚子を入れ、身体を暖めることがあるでしょう。

その柚子を利用して汚れを擦ると、簡単に落とすことができます。

 

2.黒やピンク色の汚れ 「カビ」

発生を防ぐには、カビの栄養源となる石鹸カスなどの汚れを洗い落とし、十分に換気を行ないます。

発生してすぐであれば、浴室用中性洗剤で落とせますが、落ちにくい場合は、カビ取り剤が効果ありです。

カビ取り剤の使用時は、製品の注意表示の確認が必要です。

 

3.ステンレスの上に付いたサビ 「もらいサビ」

濡れたヘアピンやカミソリなどに発生したサビが、プラスチックなどに付着したものです。

その場合は、浴室用クリームクレンザーで表面を傷つけないようにこすります。

落ちにくい場合や細かいところは、歯ブラシを使用すると落ちやすいです。

 

 

○おすすめのお手入れ用品や洗剤○

ミカンや柚子の皮

皮の白い部分で汚れを落とすことができます。

 

浴室用中性洗剤

目立ちはじめた汚れには、浴室用中性洗剤が効果的です。

 

カビ取り剤

強力なカビを落とす洗剤です。

〔アルカリ性〕落ちにくいカビのお手入れに使用します。

 

 


 

四季スマ通信は、四季の住まいで家を建てて頂いたオーナー様や、設計打合せ中のお客様に年4回お送りしている広報誌です。

住まいのお手入れ情報や、リフォームやお庭の情報、地元のお勧めスポットの紹介などを載せています。

記事についてのお問い合わせは、四季の住まい企画室までお願いします。(TEL027-328-6544 Mail shikinosumai@daigo-shiki.jp)