【23号 社員対談】子育て女子3人 その①

今回はひと味違った社員紹介です。

育児中の女子社員3人に、「子育てと仕事」をテーマに語ってもらいました。

 

 

<参加スタッフ  小川:エスティナ(庭)  岡田:工事部  福島:工事部>

?????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????

 

 

 

 

 

 

 

岡田 「今は3人とも出勤時間を1時間遅くしてもらっているけど、私は正直、時短勤務の制度が整っていなかったら仕事は続けられなかったと思うな。」

福島 「私もです。保育園に寄ると1時間以上通勤にかかるので朝が間に合いません。」

   「子どもは朝ごはんを遊びながら食べるので、なかなか朝食が終わらないし(泣)。

小川 「うちも気に入らないものだとなかなか食べ終わらないよ(笑)。

   「時短勤務もある会社とない会社があるから、そういった意味では四季の住まいは働く女性に優しいよね。」

   「子どもの行事だったり、病気にも理解を示してくれるし。」

岡田 「つわりの時にも休みを頂けたので助かりました。」

   「育休も1人目の時は早めに切り上げたけど、すぐ熱が出て呼び戻されたりしたから、2人目の時は丸々1年休ませてもらえましたし。」

福島 「岡田さんは戻るたびに仕事内容が変わっていますよね。」

小川 「ね。私たちは同じ仕事に戻れたから自然に仕事ができているけど、とまどったりはしなかった?」

岡田 「しましたけど、戻っても任せてもらえる仕事があるってありがたいことですし、どんな仕事でも目標をもって打ち込めば楽しいですから。」

小川 「子育てと仕事を両方やっているとプライベートがあまりないような気がするけど、その分仕事を楽しんでる感じはするよね。」

福島 「正直、育休中はずっと子どもと1対1だったので、精神的にきつかったです。」

   「職場復帰してからのほうが、イキイキと子育てできているような気がします。」

岡田 「朝とかに子どもが少し熱っぽいと保育園からの電話が怖い(苦笑)。」

小川 「うちも(笑)。保育園によって対応に差があるみたいね。」

   「私は預かってくれる時間と病後の対応とかを聞いてから決めたよ。重要だよね。」

岡田 「元気でも熱があるとお迎えの電話が来ますからね。でも、家に帰っても元気っていうことも多くて…。」

福島 「他の会社はどういう風なのかわからないけど、こうやって話していると四季の住まいはかなり子育て中の女性には優しいと思いますね。」

小川 「偉大な先輩社員が道を切り開いてくれたからね。」

岡田 「平井さん※の努力を後輩に伝えるために、これからも頑張りましょう!(笑)」

小川・福島「そうですね(笑)。」

 

※平井さん・・・当社のインテリアコーディネーター。子育てと仕事を両立している3人にとって様々な面での先輩社員。

 

 


 

四季スマ通信は、四季の住まいで家を建てて頂いたオーナー様や、設計打合せ中のお客様に年4回お送りしている広報誌です。

住まいのお手入れ情報や、リフォームやお庭の情報、地元のお勧めスポットの紹介などを載せています。

記事についてのお問い合わせは、四季の住まい企画室までお願いします。(TEL027-328-6544 Mail shikinosumai@daigo-shiki.jp)