【26号 おうちで簡単 お菓子作り】アイシングクッキーの作り方

26号 お菓子 (2)

 

皆さんこんにちは!

工事部の岡田です。

今回の四季スマ通信では、私の趣味でもある、

【アイシングクッキー】をご紹介致します。

 

 

 

 

 

 

<準備するもの>

①卵白:1個

②粉砂糖:200g

③レモン汁:ポッカレモン適量

④着色料:Wilton のアイシング用液体着色料 ( 販売店舗は県内に無いのでネットで購入)

⑤密閉できる小さい袋

⑥シリカゲル

⑦デコレーション用にアラザンや砂糖菓子

 ※⑤⑥⑦は100 円ショップに売っています

⑧一般的な型抜クッキーのレシピで焼いたクッキー
 ※7㎜位の厚さで焼いておくと作業しやすいです。
 ※焼いた後、半日以上冷ましておく

 


 

◇アイシングベースの作り方◇

 

26号 お菓子 (4)

 

 

1.卵白を入れ、泡立て器で溶く。(卵白がサラサラになればOK)

 そこに粉砂糖を数回に分けて入れ、混ぜる。

 

2.垂らしたときに、写真(左)のように跡がつく程度の硬さが○。

 ※硬さは粉砂糖とレモン汁で調整。はじめは固めが◎。

 

3.密閉できる容器に保存。これがアイシングのベース。

 ※保存期限は冷蔵庫に入れて1週間程度。

 

 

 

 

 

 

◇アイシングの描き方◇

 

1.密閉容器から必要な量のアイシングを小皿に取り、着色料で色を付ける。

 

2.出来たものの1/3を密閉袋に入れ、下の片方の隅を少しだけハサミで切る。これが絞り袋の代わりに♪

 

3.あとは、周りを縁取ってから全体的にティースプーンなどで塗る。

 ※アラザンや砂糖菓子をのせる場合は、塗った直後にのせた方が楽。

 ※他の色を塗る時や上から文字を書いたりする時は、その前に塗ったものがしっかり乾いてから重ねること。

  乾いていないと滲んでしまう。(写真下)

26号 お菓子 (5)

26号 お菓子 (1)

 

4.乾いたら完成!!
 ※湿気に弱いので、シリカゲルを入れて保存してください。

 

専用着色料さえ揃えれば、簡単に作れる方法です。

絞り袋の代わりに小さな密閉袋を使用するのがミソです!

 

26号 お菓子 (3)

 

ベースを大人が塗ってあげれば、小さなお子様でも飾り付けなどを楽しんでくれますよ!

書き切れない細かいコツなどもあります。

知りたいという方は、お問合せやアンケートに記載頂ければお伝えいたします。

展示場で簡単なカルチャースクール開催なんていうのもご希望があれば実現するかもしれません。

一度作ってみれば、意外と簡単で楽しいはずです。

試してみてください。

 

 


 

四季スマ通信は、四季の住まいで家を建てて頂いたオーナー様や、設計打合せ中のお客様に年4回お送りしている広報誌です。

住まいのお手入れ情報や、リフォームやお庭の情報、地元のお勧めスポットの紹介などを載せています。

記事についてのお問い合わせは、四季の住まい企画室までお願いします。(TEL027-328-6544 Mail shikinosumai@daigo-shiki.jp)