【29号 庭情報】芝のお手入れ(雑草を生えにくくする芝刈り)

以前にも四季スマ通信にて芝のお手入れの記事を掲載しましたが、

今回は【雑草対策】に重点を置いて、ご紹介致します。

 

 

春から夏にかけては、芝生が育つ季節です。

青々とした綺麗な芝生を楽しむ事ができますが、同時に雑草が生えてくる季節でもあります。

毎日少しづつ抜いていく事が、一番確実な雑草対策ではありますが、芝刈り等の手入れと合わせると、中々大変です。

そのため、今回は雑草を生えにくくする芝刈り方法をご紹介します。

 

 

刈りこみで芝生の密度を高めて、雑草が生えにくい状態にしよう!

 

29号 ガーデニング(2)芝生は定期的に刈ることで、密になる性質があります。

芝生が密になると、地面に日光が入りにくくなり、雑草の種が発芽しにくくなったり、雑草が成長しずらくなります。

芝刈りが雑草対策になるのですね。

また、芝生の長さを短くし過ぎないことも重要です。

20ミリより短くすると雑草が増えやすくなる傾向にあるようですので、芝刈り機の刈り高設定を20ミリ以上にしておきましょう。

※芝が成長する6~8月は、週に1回程度の芝刈りが望ましいです。

 芝刈りを続けるためにも、電動芝刈り機の使用がオススメです。

 

 

~サッチ(芝刈りのカス)の処理~

29号 ガーデニング電動芝刈り機ならある程度は集めてくれます。

しかし日当たりが良くない部分のサッチは、

芝刈り後に熊手などで取らないと病原菌の温床になるようです。

 

 

 

 

 

 

 

 

~芝刈りダイエット??~

電動芝刈り機がオススメではありますが、自走式芝刈り機での芝刈りは、軽いスポーツをするくらいのカロリー燃焼効果が期待出来るそうです。

体重が気になる方はどうですか?

 

 


四季スマ通信は、四季の住まいで家を建てて頂いたオーナー様や、設計打合せ中のお客様に年4回お送りしている広報誌です。

住まいのお手入れ情報や、リフォームやお庭の情報、地元のお勧めスポットの紹介などを載せています。

記事についてのお問い合わせは、四季の住まい企画室までお願いします。(TEL027-328-6544 Mail shikinosumai@daigo-shiki.jp)