fbpx

群馬の注文住宅・デザイン住宅なら四季の住まい

四季の住まい

【39号 床ワックスのつくり方】

素足で過ごした床は汚れがち

サンダルなど素足で過ごす夏の終わりの床は、汚れがち。雑巾がけをするとさっぱりします。

そんな時に、雑巾がけをするならばワックスを使ってしまった方が、お掃除とワックスがけが一度にできるのでおススメです!

以前ご紹介し、反響の大きかったスタッフ愛用の「ワックスボトル」のつくり方と使い方をご紹介しますので、試してみてください。

高崎市 デザイン住宅

<ワックスのつくり方>

用意するもの

・ワックス

・ペットボトル※温かいお茶がベストサイズ

・水250ml

・ぞうきん

高崎市 デザイン住宅

【①ワックスをつくる】

①ワックスをよく振る

②ペットボトルキャップにすり切り1杯ワックスを入れ、ペットボトルに入れる

③水を入れ、振り混ぜる

高崎市 デザイン住宅

【②ワックスをつかう】

雑巾にワックスを直接かけ、拭いていく
※バケツに作って使うと徐々にワックスが汚れてしまうので、直接かけるのがおすすめです

高崎市 デザイン住宅

【③工夫してみる】

霧吹きに入れると床に直接吹きかけられ便利です
※噴射時に、壁やインテリアにまで飛ぶことがありますので、注意して使用してください

【注意点】
※天然素材ですが、皮膚の弱い方はゴム手袋をつけてご使用ください。
※ワックス後は床が滑りやすくなります。階段などは特にお気を付け下さい。
※余ったワックスは、後日使用できますが、固まって振り混ぜても溶けない場合は作り直してください。