fbpx

群馬の注文住宅・デザイン住宅なら四季の住まい

四季の住まい

増税とリフォームについて

大規模な工事については新築に負けない費用がかかることもあるリフォーム工事。増税も他人ごとではありません。

ここでは、増税前にリフォームをお考えの皆様におすすめの情報をお伝えします。

増税前の大型リフォームの契約は「2019年3月31日まで」が安心!!

リフォームの消費税は基本的に工事完了(引渡)の日が基準

リフォームの消費税は、基本的に工事完了日(引渡し)が基準です。

つまり、8%で支払うには9月30日までに工事完了(引渡し)をしなくてはいけません。

たとえ増税前に契約をしたとしても、工事完了が10月1日を超えるとその工事の消費税は10%となります。

大がかりなリフォーム・リノベーションの場合、「工事期間」や「着工前準備(荷物の片づけ・引っ越し作業)」に時間がかかる場合もあるので契約と工事完了のタイミングの見極めが重要になります。

「経過措置」という特例があります

契約をしてから引渡しまでの期間が長い【新築・リフォーム工事】では、増税にあたり「経過措置」が与えられます。

<経過措置内容>

増税前の2019年3月31日以前に建築・工事等の請負契約を行っている場合には、経過措置が適用され、10月1日以降の引き渡しでも消費税は、8%を適用する。

例えば、

<着工が6月で引渡しが10月1日以降の場合>

着工時の消費税は8%の時ですが、最終金を支払う10月には10%になってしまいます。

そういった場合でも、2019年3月31日までに請負契約を結んでいれば、消費税率8%で支払えるという措置です。

確実に8%のうちに行いたい場合は、3月31日までに契約が出来ると安心です。

3月31日までに契約をするにはどんなスケジュール?

リフォームのご契約までは、

①【情報収集】資料請求、問い合わせ

②【見学】ショールームやモデルハウス見学、相談

③【状況確認】現地調査

④【予算把握】お見積

⑤【契約】

が必要です。

※この間に比較検討やローンを利用される方はローン相談もあります。

早い方でも情報収集からご契約まで3週間からかかることが多いです。

工事内容や現状によっても異なりますので早めに一度相談いただくことをおすすめします。

大型ではないリフォームの場合は?

9月30日の増税施行前に引渡しを受ければ、4月以降の契約でも8%。

但し、2019年前半は新築工事でも同じ状況になりますので工事が混み合う可能性が大きいです。

希望のタイミングで工事が出来ない可能性も大きくなります。

今やろうとお考えなら、早めがおすすめです。

増税前リフォーム相談キャンペーン
2019年2月24日(日)まで開催中

現在、リフォーム相談キャンペーンを実施しています。

□自分たちがやりたい工事が8%の期間内にどうすれば実現するか分からない

□何から始めていいか分からない

□余裕をもってリフォーム工事をしたい

そんな皆様の計画づくりをお手伝いします。早めに自分たちに合う計画を把握しておくことで、計画にゆとりが生まれます。

相談は無料です。今なら2月24日(日)までに以下より「お問い合わせ・ご相談」を頂いた皆様に、コンビニでも使える【ハーゲンダッツギフト券】プレゼント!!

キャンペーンお問い合わせはこちらから

※現地調査や面談をご希望の場合、日程は追ってご相談の連絡をさせて頂きます。

お問合せ内容 (必須)

ご相談内容

何でこのページを知りましたか? (必須:複数回答可)

ご紹介者のお名前

上記質問で「お知り合いから」を選んだ方のみご入力ください

当社のオーナー様当社のご契約者様(お引渡し前)当社でお打ち合わせ中のお客様当社の社員当社の関係者その他

お名前 (必須)

(※漢字でご記入ください)

フリガナ

(※カタカナでご記入ください)

郵便番号

(※半角数字でご記入ください)

住所 (必須)

※市区町村以下をご記入ください

お電話番号 (必須)

(※半角数字でご記入ください)

メールアドレス (必須)

年齢

ご希望の連絡方法

よろしければ、以下のアンケートにご協力ください。
内容にあわせてお返事させていただきます。

お住まいのタイプ

リフォーム箇所(外部)

リフォーム箇所(内部)

リフォーム箇所(水まわり)

ご予算

(※○○万円)

ご希望のリフォーム時期

特にお知りになりたい情報は
何ですか?